足つけとは塗装界で使う単語でいわゆる下準備のようなものだと僕は解釈していますw
例えばヘルメットの塗装を始めるとして、ツルツルの肌の上に塗装をしても後々剥がれてしまいます。
塗装をするときはザラザラの肌に塗装して膜を張り付けてやらなければいけません
そのための足つけ作業で、ようするに塗装物に傷をつけるといった作業ですね!
その足つけによく使えるのがウォッシュコンパウンドです
正直成分を調べたわけではないのですが、使っている感覚からすると粗めのコンパウンドだと解釈していいと思います
この粗めのコンパウンドで塗装物に傷をつけ、次の工程に備えるといったところでしょうか